インドネシアの一般家庭のお風呂、トイレってどうなん??

ちわす。 C.u.Kです。

バリ島含め、インドネシアに行ったことのある方は意外と多いんじゃないでしょうか。
ただ、一般家庭のお風呂トイレってみたことありますか?

今回は、インドネシアの一般家庭のトイレやお風呂をご紹介させていただきます。
まずは、海外じゃ当たり前かもしれませんが基本的にはユニットバスになっております。
まずは、写真を見てもらいましょう。

これは、ごくごく一般家庭のお風呂兼トイレになります。
家によっては、もっと広いところや、洋式トイレがある場合がありますが写真のような
ところが基本です。

写真をみてもらっていくつか気づく点、というかツッこみたくなる点ありませんか?

「お風呂どこ?」
「トイレットペーパーは?」

写真にピンクの桶が写ってますよね?それで、そこに貯めてある(※お湯ではありません!)
をすくって頭から体まで洗い流します。まぁ、かけ湯みたいな感じですね。

トイレに関しては、日本の文化とはかけ離れています。((笑))
まず、写真右側のそれっぽい形のやつがトイレです。

男性も女性も、トイレットペーパーは使いません。

「え?じゃあどうすんの?」

用を足した後、先ほどお風呂の際に使った桶で水をすくい右手で持ち、
汚れた部分を頑張って濡らしながら、うまいこと左手でトイレットペーパー代わりにぬぐう。
という感じですね。絶対に左手です。左手は不浄の手と言われています。
なので、誰かに何かを渡す際、あげる際は基本的に右手を使います。
私も、何度かこの方法で用を足した後試したことありますがトイレットペーパーを使うより、
なぜか綺麗になった感があります。(笑)

また、水を使ってから拭かないので女性も男性もスキニーのようなものを履いていたら
トイレから出た直後はだいたいズボンが濡れてます。www

私はなんとも思いませんが、お風呂・トイレで使う桶を同じものを使用している点、
トイレットペーパーを使わない点
に関しては日本人からすると衝撃的じゃないでしょうか。

興味がある方は観光でインドネシアに行く際に、一度一般家庭に「トイレ貸してください」と
おじゃまするのもありですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です