インドネシア人は時間にルーズ!!!!

こんばんわ。 C.u.K.です。

日本って結構時間に厳しいですよね。「時間厳守」とか「5分前行動」とかこういう
言葉をどこの会社や学校に行っても耳にする言葉だと思います。

私が思うに、この「時間に厳しい国」の真逆にあたる「時間にルーズな国」インドネシアだと思います。
例えば、友達と16時に会う約束をしていたとしましょう。あなたなら何時に来ますか?

日本人はだいたい10分前ぐらいが多いんじゃないでしょうか。もし、遅刻してしまいそうになるなら、
連絡しますよね。

一方で、インドネシアの人たちは16時から準備をしたりします。また、その後渋滞が絡み、2時間遅刻という事がしょっちゅうあります。でも、彼らは遅刻しても謝りはしますが「当たり前」のようになっています。
また、彼らは大幅に遅れていても「とりあえず一服してからいこー」ととてもゆっくりしています。

インドネシア語で「jam karet(ゴムの時間)」という言葉があります。これは、インドネシアのゆったり文化が生んだ言葉かと思いますが、ゴムの時間というのは上記のような「時間は融通が利くもの」的なものを表した意味です。

今回の記事は、既にインドネシア人と関わりのある方は、お分かりの内容かと思います。
しかし、これから仕事で、または友達としてなどインドネシア人と関わることがある方は
参考になったかなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です